製造 2年目 柴田哲兵

成長が実感できる仕事がしたい

今は第二工場でサッシ・金物・防水板の製作をしています。
具体的な内容は、材料を溶接等で組み上げ、製品を形にする仕事です。
出来上がった形状・寸法精度は一緒でも、溶接スキルの差などで製品の印象も大きく変わる事もあり、奥が深くやりがいのある作業です。

製作だけでなく実験も

工業高校でしたので、工業系の仕事を中心に就活開始。
当初は大手企業も視野に入れてましたが、月日と共に「本当にこの仕事がしたいのか?」という疑問が大きくなることに気づきました。
大手の場合、毎日淡々と同じことの繰り返す作業が多く、私が続けられるイメージが出来なかったんです。
そんな時にこちらの工場見学をし、実際の作業工程を近くで見させてもらえました。
図面を確認しながら一つ一つ製品を形にする流れ、形にした後に動作・品質・精度の確認。
実際に作った物で実験まで行う所を見て「面白そうだな」と興味を持ったのが一番最初の印象でした。

やれる事が増えていく

最初は仕事の「一部」だけの作業が多かったのですが、溶接・段取り・調整の仕方等のスキルが上がるにつれて、少しずつ任せてもらえる範囲が多くなってきました。
最近では、鉄製品だけでなくステンレス製品も少しずつ任せてもらえるようになり、少しずつではありますが出来る範囲が広がっているなと感じてます。 ちなみに同じ金属同士ではありますが、鉄とステンレスでは扱いの難易度が異なります。
鉄の場合、多少間違えたとしても修正・補修が可能ですがステンレスは修正が難しく、修正しきれない場合もある為、一つのミスが製品の再製作に繋がります。
補修も難しい為、一つ一つ作業前に確認し、出来上がった際のイメージと実際の作業を確認し作業に取り掛かるようにしてます。

大きな自信に

最近の話ですが、次工程の方から溶接が上手くなってる事を褒められることがあり、その時はうれしかったですね。
自分自身でも「上手くなっているな」と感じる事もありますが、他部署の方から褒められたのは大きな自信にもなりました。
まだまだ覚えなければいけないことが多いのもわかっているので、常に前を見て日々成長していきたいです。

外から見える仕事

これもまた一つの魅力だと思ってますが、自分の製作した物が街中にある事、そしてそれを外から見ることが出来る事ですね。
街中をふらふらしてる時に「そういえばこの建物に製品納めたな~」と思うこともあり、ついつい見に行ってしまいますね。
自分で作った物が社会に溶け込み機能している所をみると「作ってよかった!」と感じます。

トップへ戻る