東京メトロ茅場町駅の水害対策の地下鉄出入口完成

東京メトロは大規模な水害が起きた際、地下に水が入らないようにする浸水対策工事を進めていて、このほど地下鉄の出入り口を完全に密閉できる最初の出入口が完成しました。場所は東京都中央区にある茅場町駅の出入口の一か所です。

この地点は荒川が氾濫するなどの大規模な水害が起きた場合、最大で2メートルを超える浸水が予測されていて豪雨対策の必要性があり、万が一のときも乗客の安全を確保し、交通がマヒしないように対策を進めていきたい事で、東京メトロと(株)大奉金属が共同で計画から試験・実験を積み重ね完成しました。

側面や天井部分は厚さ2.4cmの強化ガラスで覆い、出入口は開け閉めできる扉型止水板を設置、これを閉めることによって地下に水が入らないように出入口を密閉することができます。

sisuiban_kayaba03

扉型止水板施工前の東京メトロ茅場町駅出入口

sisuiban_kayaba04

扉型止水板施工後の東京メトロ茅場町駅出入口

 
 

トップへ戻る