「今」を守り、「未来」を輝かせるために

 

 

ごあいさつ

 

2021年11月より代表取締役として就任いたしました、宮近 敬士です。

 

長年にわた皆様のご愛顧とご厚情に浴し、深謝申し上げます。

弊社は 1996年に創業し、27年目を迎えました。

Windows95が日本で発売されてから同じく27年経っており、インターネットをはじめとするテクノロジーの急成長と並走してきた会社です。

設立当時、図面はフリーハンド(手描き)が当たり前、メールなどもありませんでした。

建築図面はお客様の元へ直接足を運び、受け取る時代でした。

刻々と変化する時代の中で、求められるデザインは変わり、より高い技術と、より良い提案が要求され、相対的に納期は短くなりました。

しかし、社会や環境がどう変化しようと、常にニーズを具現化するために全力投球し続けました。

 

弊社の社名の大奉は「大きく奉仕」をする。

「大きな心、ビッグハートを捧げます」という意味です。

一番得意とするところは、顧客が求めるものに”がっちり”食いついていく前傾姿勢です。

これまで様々な困難、お客様と二人三脚でチャレンジし、全力で解決し、社会からのあらゆるニーズに応えてまいりました。

私共、新生・大奉金属は「大奉」という「あらゆるニーズに応える」という先代からのベースの部分はそっくりそのまま継承し、さらに磨き上げていきます。

 

また2022年より、

 「今を守り、未来を輝かせる」(SHINE)というパーパス(企業理念)を掲げます。

現在存在するものを守り、未来・次世代に輝かしいものを残す

ために、求められる問題解決・ニーズ発掘に仕事の喜びを覚え得、製品やサービスを磨き上げます。 

また、「輝く」人生観を持ったスタッフが、「輝く」製品とサービスを提供いたします。 

そして、関わった人の”こころ”にも「輝き」を与え、その幸せを共有できるようにいたします。 

 

製品やサービスに輝きを、

お客様に輝きを、

大奉金属に輝きを、

社員に輝きを、

未来に輝きを。

 

事業活動を通して、関わる全てのものを輝かせます。

次世代に「輝き」を継承していくことを理想として、

社員一同、全力で邁進していく所存です。

 

2021年12月 代表取締役 宮近敬士

 

 

トップへ戻る