沿革

1995年 10月
個人営業にて「大奉金属」を創立。


1996年 5月
個人営業から法人化。


1998年 5月
業務拡大に伴い本社を福岡市東区松島に移転 。


2001年 5月
社屋完成。本社を粕屋郡須恵町に移転


2003年 3月
止水板(防潮板)の研究・開発に着手。止水板設計室を設立。


2003年 6月
株式会社組織に改め、株式会社大奉金属を設立。資本金1,000万円。


2003年 9月
アルミ切断機ACA-200型機導入、同時に工場を増設。


2003年 12月
設計室を増設。


2004年 5月
福岡県知事許可の取得。


2006年 4月
NCサッシ加工機FB-6000DTを導入。


2008年 8月
都城営業所を開設。


2009年 7月
切断機フリークロスカットソーACGⅡ型(自動式)を導入。


2010年 7月
東京営業所を開設。


2011年 12月
東京営業所を足立区に移転。


2012年 11月
福岡本社を新社屋に移転。資本金を1000万円増資し、資本金2000万円となる。


2013年 9月
国土交通大臣許可を取得。

 

2021年7月

  AMADA社製 シャー・タレットパンチ機・ベンダー機 導入

 

2021年11月

  宮近 敬士 代表取締役就任

トップへ戻る